めんどうな意識高い系から振動高い系の意識体になる「過去の自分へ」

今回は、一応、「意識」の事を論じる末端の存在として、意識高い系について初めて調べてみました。(2020年9月末の事。)

「おそーい!きもーい!お前意識高い系だろー!」とか聞こえてきそうだけど、、ここは落ち込まず、クイっと上向いて行きますよ。「おれ、意識高い系なんでね・・・。」

 

 

いやあね〜、そういや騒がれてたなぁ!?

でもって、今更とても古い話題だけど、、、と思いつつ、

それでもやっぱ「意識」の文字を関しているので、調べてみたんですね。

 

そしたら、意識高い系とは「意識だけ高くて中実の伴わない人、主に学生を揶揄する言葉」だったんですね。

本当にいろんなサイトが立ち上がってて、出るわ出るわ。ネガティブワードの数々(笑)。

これについて論じてコメントしてる人は「意識低い系確実」と言った感じだなあ、とか思いつつ、

そこで、一旦考えて、波動下がるワード多いし、「意識低い系確実」だし、このワード「意識高い」に被せてブログ書くのは正直いやだなあ

書かない方が良いなあー!!!??

とは思ったのですが、、、

なんか、ところどころ過去の自分に重なる事の多いものでもあるし(笑)

そもそも今もそんな変わんない説もあるし(笑)、、。

だいたいブログ立ち上げて6話目にしてもう書くネタ無いし、、、(嗚呼!)。

 

そゆ訳で、

間違ってこのブログ読んでしまっている意識高い系のアナタを、2文字変えて振動高い系に変身できる様にしてやれないかな。(嘘です。ごめんなさい!過去の自分に向けて書いてます。)とか思いつつ、

 

「何をどう変えられたら!?肯定的に受け取ってもらえる存在になれるのか!?」

「めんどうな意識高い系から振動高い系になろう」

と言う事でその方法を考えてみました。

 

ではまず結論から

振動高い系になる方法

その前に、そもそも気になっている方もいるかもなので、

振動高い系とは!?

と言う事で、まずはここから説明いってみます。

 

ではまず、

振動とは、物質の振動の事になり、人間も物質で、振動をしています。

ハイ!中学生の理科の授業みたいですが、、(笑)。

 

解りやすい様に、「水」の例えで行くと、

・振動が高いとは ・・・ 自由な振る舞いを取れるほどに軽い=気体

・振動がノーマル ・・・ 水の状態=液体

・振動が低い、無い・・・ 氷った状態=個体 「チィ〜〜ん!」って言う事で

 

この意識高い系と思われている人の周りは、全員「チィ〜〜ん!」と凍っている訳ですね。

(まさにフリージングの神。フリーザ様。フォッフォッフォッフォッフォな訳です。)

と言う事で、周りを瞬間冷却、いや、瞬間冷凍するマヒャドの使い手(魔法使いで言うと大魔法使いのレベルです。)の事を、暗に揶揄して意識高い系と言っている訳なのですが、まあ、ここで言いたいのは「水」も「人」も同じ様に物質であると言う事です。

 

人に関して言うと、凍った状態=振動がない=「意識高い系」=喜ばれない、のだから、その逆の「振動が高い状態」なら=喜ばれる人である。という事はお解り頂けると思います。

 

なので、周りの人々を気体の様に軽ぅく明るぅく暖かぁくする様な存在になれると良いですよね!?

じゃあもう、「今からでも遅くはない!」って事で、振動高い系になって「ミラーニューロン吸わせてやる!」でも、「お馬鹿一緒にやる!」でも、「なんでも良い!」ので、周りの人の波動を高くしてやれたら、この人の存在価値って「暗に揶揄されませんよね!?」って訳です。

 

と言う事で、この「振動高い系」になるのが良い!と言う事は解った。

では

具体的には!?

となりますよね。、フォッフォッフォッフォッフォッフォ。。

これも軽くジャブは既に放ってあったのですが、尚弥(井上)より早かったから君には見えなかったかも、、(なんせフリーザ様は戦闘力53万ですから、、、。)

 

では正当なやり方はと言うと、

普通なら、

・軽く、明るく、暖かく、優しく、嬉しい、楽しい、感謝、愛の状態に入ると言った感じで、あらゆるポジティブな状態である事を気にかければ良いのですが、

 

こと、意識高い系においては

「人の気持ちが解らない」もしくは「解っていてこの態度」だったりして、

更に、「本当にお金に苦労をした事も無い」「苦労って何!?まっくろくろすけの事?」と推察できます。

ですし、また、「勘違いした幻想の自分を創り上げては、その中で輝き☆生きていける」と言う、やっぱり上級な魔法使いである事も解りますから、、、

 

そんな無敵の意識高い系には

「ベーリング海でカニ漁、100回行って来い!」の刑くらいしか無いと言えるでしょう。

荒波に揉まれ、カニに1000回くらい、指とか鼻とか挟まれた後にしか、この様な意識体に成長は見込めないと思います。

事実、梵人さんも100種以上の職を経験して、やっと、ちょっと人間に成ってきたな!?と言った感じです。(お前、行って来てたんかいッ!「ハイ!太平洋ですが、済みであります!隊長陛下! 正確に言っておきますと、102種、済みであります!」)

 

そもそも意識高い系って!?

どんな感じ!?

 

  • 上から目線で人を見下す
  • 友達自慢
  • 繋がり自慢
  • ビジネス用語連発
  • 上昇志向
  • パーティー大好き
  • アピールが多すぎる
  • 美容に興味が強烈
  • 前向きすぎて空回り
  • クズ
  • ブランド物を身にまとう
  • イメージはMACとスタバ
  • SNS中毒
  • 自分の悪いところは絶対認めない
  • プロフィール盛り盛り
  • やたら「感謝」している
  • とにかく忙しいらしい

と言った感じらしく、

周りの人には「メンドくさい!」とか、「うざい!」とか、本当に周辺にご迷惑をおかけしまくっている感じなのですね。

なんか、072ブロガーの梵人さんもあまりカテゴリー的に変わらない気がしないでもないですが、まあ、兎に角イケすかねえガキンチョ野郎って事ですね。(って言っちゃうと自分の事をイケすかねえって言っている様で、なんか、、 ちと、なんか、、、)

 

ま、

「意識高い系」の歴史

そもそも、意識高い系と言う言葉の響きや、含まれる意味は、生まれた当時の2000年代半ば辺りでは、「能力が高く、知識も経験も豊富、優秀な人材」だった様です。確かに僕の記憶でもそんな感じでした。

しかし、2008年のリーマンショック以降、学生の求人数減少と、大手SNSの本格的な流行に伴い、次第に目立ちたがりの学生が目につく様になり、後にエスカレートした彼らの態度の中には欺瞞的なものが多くみられる様になり、社会的に嫌悪の対象となっていく。

そして、2008年の段階で既に、早いメディアには、「意識の高い学生(笑)」と(笑)を末尾に付けられ、2010年頃には批判的な意味で定着していったと言う事です。

極め付けは、2012年、千葉商科大学講師の常見陽平さんが出した本「意識高い系と言う病(ソーシャル時代にはびこるバカヤロー)」を出版し、意識高い系の言葉が広まったと言う事になってます。

 

一言だけ言っておきたいのは

「ぼ、僕が何をしたと言うのだ・・・、?!」と言う事です。

 

意識高い系の背景にあるもの

あまりに可哀想な存在なので、「この意識体たちの背景には一体なにがあるのか!?」を考察してみました。

すると、見えてきたものの中でも大きいものは「虚栄心」と「見栄」。その塊の様な存在。そんな感じでしょうか!?

 

と言う事は、育ってきた背景において、劣等感を感じ、認められて来ず、馬鹿にされてきて、

でも!?輝ける舞台を見つけた!☆

(上京しちゃった?もしか、SNSでデビューしちゃった?)

 

そう言った感じも伺えますね、、。

 

で、ですね

「自分の悪いところを絶対に認めない。」と言うところからも、「根拠の無い自信」「創られた自分」だからこそな訳で、、。

でまた、その中で「酔っていられる」過剰な「美意識」を持つ。それが、男なのに化粧濃いめ。と言う事に現れる訳ですね。

 

この見え透けすぎるチープな承認欲求と、気持ちはホームランでも周囲には空振り三振にしか映らない姿。

 

嗚呼!

男児たるもの。

他人の気持ちも解ろうね。。

としか、言いようが無い・・・。

 

ってかやっぱり「100回ベーリング海行ってカニ獲って来い!」

って言う感じで、、、、

 

「過去の自分よ!御免なすって、、。」

という事で、、

感想・まとめ

う〜ん、。まあ。。

この手の人の心理って、若いし、モテたいし、なんかこう言う感じが良いって言う感じで、流行ってるから乗っただけぇだろうし、本人がそれで良いってんだから、それで良いって気もしますが(本当気持ちが透けて見えるって言う、それはまるで自己弁護の様だが、、、ち、違う!と、言い放ったところで、、)

ま、

問題は周辺の人たちに掛かる迷惑な訳ですよね〜。

 

 

なのでですよ

ここをよくよく考えてみると、

みんな結構、暗に揶揄したり、何かしら日常のはけ口として文句言ってストレス発散してんだろうし、僕も結構、調べる過程で笑ってしまったし、。

やっぱどこかで人は繋がっていて、それぞれの関わり方で何かしらの関わりを持っているのだから、例え揶揄される存在だとしても、

ただ「存在している」ってだけで、本当はポジティブな事なんですよね〜 うんうん。

(チラっ?)って感じで(笑)、

 

必殺、「感謝締め!」で締めたいと思います。

「て、やっぱりワシは意識高い系かいッッ!!!(笑)」

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました