意識体の意味とは!?「ただ存在し、◯◯である」とするもの

近年、精神世界、スピリチュアル界を筆頭に

話題のキーワードである

「意識体」

 

このページに来られた方は

意識体って何よ!?となっているのではと思います

 

私としては、そもそも、

「意識体」に対して「意味」という言葉を使うこと自体に

ちょっと言葉に「あや」があると受け取れてしまうのですが、、

 

しかし、ただ、

その検索意図である

「意識体? 意味が解らん!」

という氣持ちは良く解るつもりなので、

 

それでは、正しく知ってもらえると良いんじゃない!?

っちゅー事で

今回は

・意識体ってそもそもなあに?

・意識体の意味って何?=「正体」って何!?

・意識体はなんの為に存在しているの!?

といった、この辺の疑問を解決したいと思います

 

意識体の「意味」と言うか、なんと言うか、

その「正体」と、その「存在意義」について

紹介して行きたいと思います

 

※このページでは意図とズレるので

意識体の持つ能力について触れませんが、

必要最低限のことは紹介をしていきたいと思います

 

意識体の意味?=「正体」とは?

(※イメージ)

 

意識体とは!?

・永遠不死の存在で、物質ではなく的な存在になります

・全ての生命に宿るものになります

(当然、あなたも私も意識エネルギー体です)

 

・この宇宙と、宇宙のあらゆるものを創造した創造主のことになります

・別次元や多次元に、意識の届く限り、同時に並行して存在し活動できます

 

 

・意識体は、こちらの世界の言葉で、

靈、靈のつく言葉全般(精靈、幽靈、言霊、など)、魂、靈魂、感情、氣持ち、氣、有機物、想念、心、真心、「◯◯である」と言う存在、強い意、靈氣(レイキ)、神、命・生命など

 

の言葉で表現されていますが、基本的にこれらはどれも

意識体自体の要素だったり存在の事だったり、意識の能力や働きの事だったりを指しています

 

 

無機物に関しては

意識エネルギー体が強い意をのせる「◯◯である」とすると、意識エネルギーが宿り、意識エネルギー体として、活動する事もあります

 

(例)

・人形に名前をつけてずっと一緒にいると宿ったりする

・愛着を持って使っていた道具には宿ったりする

言葉について

言葉は、はじめに言葉ありきで示される通り、あらゆる物事や道理等の認識において、

はじめに言葉がある事で、意識体の知覚に「コレはコレである」「アレは空である」「あの白いのは雲である」と言う様に、

先に言葉、そして認知の結果、意識体の知覚に像を結ぶもの、それが言葉になります。

なので、

意識体とその能力は抽象的な表現でしか表せない様なものが多いです

また、自分自身が神であると言うのを悟らせない目的で、人間の知覚レベルは創造されているので、上に挙げた様な言葉の全てが意識体を指しているとは気付きにくいです

 

※ここでまたついでに、知っておくと面白いので、

神という字と、その存在についてに触れたいと思います

神=「隠れ身・実」の事を、訳したり、略してもいます。

 

漢字自体は、霊性の高い人が紐解いた旧漢字で、申し示すと書いて「神」の事になります。

この事から解る様に、神という字は「言葉」の事でもあり、また、「言葉」に宿る隠れ身・実であり、そこに働くエネルギーの事になります

それはまた、すなわち、想像による創造を指しています。

 

・言葉についてはコチラで紹介

・神についてはコチラで紹介したいと思います

 

 

現世の意識体について

 

意識体とは、この現世(うつしよ)世界において、主に生命体の事であり、あらゆる動植物の事になります。

その体の中の間隔に、感覚と言う意識として宿ります。

そこでは、意と識的な反応を持ちます。

 

※ 意識体は、物など他の物体、無機物にも、その意識エネルギーを念じる事で宿す事ができます

「◯◯である」と強固な一念をその対象物に抱く限り、その様な状態を保てると言う事ができます

(多くのケース、強く信じ抜いていない人間における念能力は微細なもの・もしくは無いものになります)

 

・また、稀に、金属に意識体が宿って動いている例(靈)が見られますが、これは、もっと高次の意識体が、意識体が宿れる乗り物(体)として、その鉱物を創造していたり、

また、他の例では、想い入れのあるもの

野球のイチローの様に、バットと会話し、手入れし、愛し、仕事道具として使っていたりすると、イチロー曰く「バットが勝手に伸びる事があるんです」と言う様に、氣持ちが宿る=意識体が宿ることがあります。

また、

・他にも例えば、子供の純粋な一念で愛され、友達や家族となった人形は、強く「◯◯である」とされていたりするので、意識体が宿ってしまうケースがあります。この様な人形は髪が伸びたり、涙を流したりとか科学で説明のつかない現象を起こしたりしています

 

 

 

現世ではない世界においての意識体

 

意識体は、幽界(現世ではない世界)においては、意識エネルギー体として存在しています

意識体は純粋な意識の存在のことになり、上記した靈、魂、感情などと、同じ存在になります

あちらの世界では、意識体は想像をした瞬間に創造ができるという能力を持ちます

(これは、瞬間移動や瞬間的な物質創造等の能力であり、文字通り創造主の能力になります)

 

 

幽界とは、このの字を拡大して見てもらえたら良く解ると思うのですが、繋がりを示す糸が壁により仕切られています

その様に、隣り合い、実は重なり合うが、エネルギーの振動する次元が違かったり、超極微細な世界のことであったりします。また、現世も幽界も同時に並行する多くの次元世界と隣り合い重なり合っていると考えられます

 

・現世においても、幽靈と現されたり、おばけと表現される靈が、人間の意識体により観測されることがあります。

これは幽界の靈が、死後も変わらず、私は「人間である」「◯◯である」としているケースだったり、

もしくは、人間意識体が、「◯◯である」=「私は見える」と言う能力を持つ場合、また、生まれながらの基本設定で見えると言うケースがあります

 

・その他にも、幽霊目撃情報があるのは、普通に墓地周辺とか、

地震や爆弾等のエネルギー的に大きなものが使われた空間においてだったり、CERN周辺の環境では頻繁に目撃されたり、

そういった特殊な事情があると、次元に交わりが訪れるのか!?穴が空くのか!?周波数(振動)が近くなるのか!?幽靈が確認されると言うこともあります

 

・全生命の正体は意識体・意識エネルギー体のことになります。

・意識体は、体の間隔に宿り、感覚と共にある意と識の働きや、それらを統括する意識そのもの

・人間としては、人間になる前の記憶が消されており、生まれてから今までに発した意と、集まった識の、連動による反応体的側面を強く持つ生き物である事が多いです

 

 

意識体の存在意義

・意識体は永遠不滅の存在です。まるで、長島さんが持つジャイアンツのイメージの様な存在です

意識体はこの宇宙を創造した創造主である

意識体は「ただ存在し」、「〇〇であるとする、想像による創造」と言う能力そのものの存在です

 

意識体が住む次元においては、時間の制約も無く、ある意識体の想像の全てが、その瞬間に創造されるので、ほとんどの意識体がその次元に飽きていると考えられる

想像主と言う点で、我々が抱く神のイメージそのものが意識体になります。ですが、自分が神である事を忘れて、自らが創ったこの世界で遊ぶ事を目的として存在していたりもします。地球にいる理由はそれぞれの背景によります。

しかしながら、現在の惑星地球は、ネガティブな振動を好む勢力の手に落ちているので、エネルギーシェア(情報エネルギー含む)が平等ではない事が多い。

なので、意識体が本来享受すべき、具現化できる能力、人間プレイヤーとしての喜びや、高いポジティブな波動の中で生きる事が難しいのが現状になります

そして今後は、更に自由な振る舞いのできない世界へ、さらなるポジティブな振動が奪われる世界へと進みそうですが、これは一人一人が存在の本質を思い出すことで変えられるものでもあります。

 

まとめ・感想

今回は、意識体の意味というか、その正体や存在意義がご理解いただけたなら嬉しく思います。

ですが、やはり、

こういった事を、「そうである」「◯◯である」とするかしないかは、あなた次第になります

現状、多くの意識体は思い出すことを忘れる様に、強い暗示にかかっています

 

わたくし梵人マンは、体を抜けた経験や、妖怪や幽霊を見た経験、精霊の様な丸い明るい光を見た経験、UFOを見た経験、などなど、不思議な経験を持ち、かつ、これらは本当の出来事だったと確信しています

なので、これらの体験前に当たり前としていた様な、多くの意識体が刷り込まれている様な、物質主義的理念のもとに行動するのが当たり前とする概念下には存在していませんし、エネルギーをシェアしないのが当たり前と言った概念や社会構造は間違った幻想であると認識しております

という事で、まとめると

意識体とは私たち自身のことであり、ただ存在し、想像と創造を繰り返すものであり、それは生命の全てに宿るものであり、これらは多くの意味で等しくて同じ存在になり、また、時に神と呼ばれる存在の事でもあります

このページにより、多くの意識体が自己の存在の本質を思い出すことを願います

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました