藤井聡太の凄さまとめ 漫画を超えた伝説的凄さ

 

 最近、巷で話題の藤井聡太さん

 

このページでは

既に「漫画越え」と言う伝説のタイトルを持つ

若き天才棋士の「凄さ」に注目し

解りやすい様に分け

 

凄いプロフィール・成績・年収・他棋士達の評価をまとめ

さらに感想を記事にしてみました

 

 一つの項目ごとに、「凄さ」がてんこ盛りなので

気になる項目がある方は目次から飛んでいって下さいね

このページを読む事で

あなたも今日からイチ藤井聡太ファンとして

彼の逸話の話し手になってしまうでしょう(笑)

 

凄いプロフィール

生まれてから幼少期まで

・2002年7月19日、愛知県瀬戸市生まれ

藤井さん5歳の2007年夏に、祖父母に将棋を教わる。

すると、瞬く間にルールを覚え、秋には祖父の歯が全く立たなかったと言う

 

同年冬に、瀬戸市内の将棋教室に入会し、

そこで渡された500ページ近いボリュームの「駒落ち定跡」と言う本を

まだ読み書きができないにも関わらず

符号を頼りに読み進め、1年後には完全に理解し、記憶したと言う

 

小学生から中学生まで

・2011年8月、小学三年生で第十回全国小学生倉敷王将戦・低学年の部で優勝。
・同年10月、JT将棋日本シリーズ東海大会低学年の部で優勝。
・2012年1月、第9回小学館学年誌杯争奪全国小学生将棋大会に出場し、準優勝。
・2012年6月に、研修会B1に昇級し、9月に小学4年生で新進棋士奨励会に入会する。
・2016年、14歳2ヶ月で史上最年少で四段昇段のプロデビューを果たす。なお、この記録は62年ぶりの更新で、デビュー戦の勝利も史上最年少記録(14歳5ヶ月)
・デビューから29連勝と言う、公式戦最多連勝記録を樹立する。
・第11回朝日杯将棋オープン戦で、佐藤天彦名人、羽生善治竜王、広瀬章人九段を破り優勝。これにより、一般棋戦優勝、全棋士参加棋戦優勝、六段昇段と、3つの最年少記録を15歳6ヶ月で更新。なお、中学生六段昇段と、一般棋戦優勝は史上初の快挙。
 
 
 

高校生時代

・2018年3月、第76期順位戦C級2組を10戦全勝で昇級する。初参加での全勝は6人目となり、中学生での五段昇段、C級1組昇級は史上初の記録となる。
・2018年2月には愛知県特別表彰、3月には瀬戸市民栄誉賞が贈られる。なお、瀬戸市民栄誉賞は新設されたもので藤井が初受賞となり、藤井のためにできたのでは!?と言う話もあったりなかったり。
・竜王ランキング戦連続昇級により、七段に昇段。(史上最年少)
・通算100局の最年少記録更新(16歳0ヶ月)
・新人王戦優勝
・通算100勝達成。歴代最速、歴代最高勝率(16歳4ヶ月)
・第12回朝日将棋杯オープン戦に2連覇により、一般棋戦連覇記録の最年少記録を更新。
・2019年、3年連続勝率8割越え。(史上初)
・タイトル挑戦最年少記録更新
 
・2020年7月、第91期ヒューリック杯棋聖戦で、17歳11ヶ月での史上最年少タイトルを獲得。これにより30年ぶりに最年少記録更新。
・2020年、第61期王位戦でのタイトル獲得により、史上最年少2冠となる。(18歳以1ヶ月)羽生さんの(21歳11ヶ月)を更新。史上最年少八段となる。
 

奨励会とは!?

奨励会とはプロ棋士養成機関になります。

(ここに入会するだけでも、アマチュア四段以上の実力者と言われ、既にもの凄く強い人、俗に言う天才のカテゴリーになります。)

 

・奨励会は6級から始まり、奨励会三段まであります。
・6級から1級までは、その各リーグごとに6連勝、9勝3敗、11勝4敗、13勝5敗、15勝6敗と言う好成績を収めることで昇級できます。
・初段から三段までは8連勝、12勝4敗、14勝5敗、16勝6敗、18勝7敗と言った成績で昇段できます。
・三段リーグでは、半年を一期とし、各18戦づつ戦い、そのうち上位2名が四段になり、C級2組に入ります。
 
 実に年間4人しかプロになれないのが将棋界であり、その狭き門で篩に掛ける機関が奨励会の役割と言えるでしょう。
 
 と言う事で、プロになった時点でも、天才の中の天才レベルである。と言った感じになります。
 

凄さ

・他のプロ棋士も気づかない手を指す
・AI最善手を指すことが多いが、たまにAI超えをしてくる。
・天性の負けず嫌い故か、敗勢の局面でも決して諦める事なく、起死回生を狙った手を指してくる。
・局面が優勢で大きな開きがあっても、最短の詰みを読んで指してくる。(手を抜かない・気を抜かない)
・他のプロ棋士たちがAIの実力を認め、研究の神にしているところ、藤井にとっては研究の参考程度にしている。
・実は運動神経も良いと言うことで、中学生時代、50m走を6,8で走る結果を残している。
・プロデビューして間もない頃、アベマTVで「炎の7番勝負」と言う企画が組まれ、増田康弘四段、永瀬拓矢六段、斎藤慎太郎七段、中村太地六段、深浦康市九段、佐藤康光九段、羽生善治三冠との対戦をし、永瀬六段以外の全員(A級3人)に勝ち、6勝1敗で終えている。
 

凄い手

その1

石田五段との将棋の終盤で

「諦めの早い棋士なら、ここで投了してもおかしくない局面である。」と、

他のプロ棋士が言うほどのシチュエーションで、(先手石田優勢と見て)

詰みを読みきっての「七七同飛」と歩を取ります。

豊川先生の言うところの同飛車大学です!

 

これは七七歩まで指したところでは、AIの形勢判断は先手の石田さん優勢でしたが、

七七同飛とした瞬間に、形勢判断が覆ると言う、AIですら読めていない手が出た。

AIを超えた手を指した。と言う事で有名になった手になります。

 

その2

渡辺棋聖との棋聖戦第一番勝負の中で、

渡辺棋聖が六六角と二二の金を狙った手を指します。

ここで藤井七段が指した手が、三一銀。

この手は、これを見守る他のプロ棋士からは、全く予想だにしない手でした。

実はこの手は、最強のコンピューターソフト「水匠2」に、局面を4億手読ませても出てこない手です。

(この4億手と言うのは、25手先までコンピューターに局面を読ませた状態になります。)

 

しかし、二十七手以上の局面を読ませた状態である「6億手」読ませると、突如、最善手として浮上すると言う手でした。

それを藤井七段は指したのでした。

と言う事で、ちょっと信じられない様なAI超えをする人間としての地位もしっかりと確立しているのでした。

 

詰将棋も凄い

詰将棋大会とは!? 多くのプロ棋士や奨励会員達が参加する大会で、その問題の難易度はプロ棋士でも見た瞬間に嫌になる様な難問が出ると言われている。

そんな詰将棋大会でも

・2011年の第八回大会に、8歳で初参加し、23人中13位の好成績を残す。
・2015年の第十二回大会では、見事、全問正解での史上最年少優勝を果たす。
・2015年以降2019年の第十六回大会まで5連覇を果たし、これは歴代一位の記録です。
ちなみにですが、2020年はコロナ騒動で、詰将棋大会行われずと言う事です。
 

詰将棋創作では!?

・将棋世界詰将棋サロンで2回目の入選作が谷川賞を受賞

・2013年には詰将棋パラダイスでも入選作を出す。

 

成績

公式戦

・2016年、10戦    10勝、 勝率10割
・2017年、73戦 61勝12敗、 勝率0,8356
・2018年、53戦 45勝 8敗、 勝率0,8491
・2019年、65戦 53勝12敗、 勝率0,8154
2020年9/22日時点
・2020年、25戦  24勝5敗、 勝率0,828
 
     通算 193勝 37敗 通算勝率 0,839

 

どんな教育を受けて育った!?

・幼少期の3歳頃にキュボロで良く遊んでいたとされ、また、モンテッソーリ教育を受けて育った。

キュボロとは!?ビー玉を転がせる要素を搭載した積み木のブロックの事です。 これにより立体感や流動性と未来図の描き方の思考が養われたのかもしれませんね!?
モンテッソーリ教育とは!? その目的は、「自立していて、有能で、責任感と他人への思いやりがあり、生涯学び続ける姿勢を持った人間を育てる」ことです。
 

年収

 普通、プロ棋士の収入は、名人戦順位戦によるものですが、それだけで食べていける者は全体200人の中の1割程度と言う事で、大半は将棋教室や指導、将棋雑誌への寄稿などで副収入を得ているという実態があるようです。

 四段昇段で、C級2組では15〜20万円ほどだと言い、他に参加した各棋戦の対局料が2万〜30万程度と言われています。

 それでは気になる藤井聡太さんの年収とは!? 

 

2018年 全棋士中12位の2031万円
2019年 全棋士中9位の2108万円

 

ちなみに参考として、ある調べでは各タイトル奪取により

竜王戦 4320万円
名人戦 2250万円  名人手当1200万円
叡王戦 2000万円
王位戦 1200万円
王座戦 1200万円
棋王戦 900万円
王将戦 800万円
棋聖戦 700万円

と言う奨金額になっているとされています。※ですが、、竜王戦と朝日杯以外は公式発表されていないので、この棋戦の賞金額は前後がある可能性も多分に含みます。

 

 

他棋士の評価・コメント

杉本昌隆八段

奨励会入会時に杉本八段に弟子入りした際に

もし藤井がプロになれなかったら責任をとって引退する。」とコメントしていて、

さらに、杉本師匠は「藤井と豊島は将来絶対タイトル戦で対局する」と、

藤井の将来を見越して、既に活躍中だった豊島七段に練習対局をお願いした。

豊島七段

上記対局後、

「小学6年でこれだけ指せたら、自分の時と比べても圧倒的に強い。普通にやっていればどんどん強くなる。」とコメント。

また、2019年5月に豊島新名人になった時のコメントでは

「自分は長く活躍したいとは思っていなかったが、藤井さんが出てきて考えが変わった。

 年齢的なものを乗り越えて、上手く時間を過ごして、彼が全盛期の時に戦いたい。

森下卓九段

「6年生で詰将棋選手権優勝とは・・・・・とても現実とは思えないですね。

深浦康市九段

藤井聡太が、炎の7番勝負(アベマTV)で4戦終え、3勝1敗としていた状況下のコメント

「あのメンバーに3勝1敗ですから、内容とか成績でも、もうA級に近いレベルは持っていると思う。」

橋本八段

炎の7番勝負において、深浦vs藤井の対局を解説し終わった時に、

大器の片鱗を感じる。

「かなり完成された将棋」

「ここからさらに将棋を学んでいったら、10代でタイトルを取るのはほぼ間違いない。

「久々にこんな強い新人を見ました。」とコメント。

渡辺明名人

第12回朝日杯将棋オープン戦決勝で対局し、破れた時

「読みが深く、序盤の理解も優れており、弱点を見つけることができない。」と、コメント。

 

2020年の棋聖戦前は

「藤井さんの技術は日々伸びており、掴みかねています。もしかすると、もうとっくに突き抜けられているかもしれない。」と、コメント。

今泉五段

・「彼の強さは今がピークだと思っています。これ以上強くなったら人間は勝てません。」

とコメントした。

中原誠一六世永世名人

・「見ていて、将棋自体が楽しい」「時間があれば藤井さんの対局は見ている。」

「一番印象的なのは終盤の強さ、攻めと受けのバランス。当初は序盤に難があるかと思われたが、今は弱点がない。」

また、対局するとしたら!?と言う質問には「弱点の無い相手には困ります。」とこたえた。

中山指導棋士六段

詰み将棋の指導者である中山さんは、母の裕子さんに「この子は普通にやれば名人になれます。ご飯だけは食べさせてください。」と言っていたそう。

 

伝説的エピソード

・毎日将棋を指したい藤井少年は「早くおじいちゃんになりたい。」と言っていた。
・将棋の事を考えすぎて、「考えすぎて頭が割れそう。」と家族に言った。
歩きながら将棋の事を考えるあまり、溝に落ちた事も何度かあったそうです。

・小学4年生の時に、小学生名人戦準優勝になった。しかし、奨励会入会により小学生名人の道を閉ざされたと号泣する。
・8歳当時、谷川九段2枚落ちでの対局機会があり、最終的に谷川入玉により谷川優勢・藤井敗勢となったので、谷川さんの配慮により「この対局は引き分けにしよう」と言われるのだが、それを嫌がって将棋盤を持って号泣を始めたと言う。なお、母の裕子さんが駆けつけて、引き離したそうです。

 

・これは奨励会時代の成績なのですが、3級の時に降級点を取ってしまい、帰りの電車の中で泣いていたと言います。
・小学6年生の12月から受験勉強を始めて、偏差値66の難関校に受かっている。
・デビュー当時に、将棋以外の趣味は何か?!と聞かれた時に「詰将棋を解く事」「詰将棋を作る事」と答えた。
・プロ棋士は普通、昇段すると祝賀会をやるのですが、五段昇段のお祝いを画策してる間に六段にな昇段し、六段昇段祝賀会の案内状を出したら、七段になっていた。と言う事です。結局、祝賀会当日は三段昇段分をまとめて祝ったそう。まさに漫画越えですね。
・難しい言葉を良く知っている。「茫洋」「僥倖」「望外の結果」「節目」等、当サイト管理人のコンピュータ(旧型MAC)では簡単に出てこない、漢字や意味を本当に良く知っている。
・将棋の神様にお願いをするとしたら!?と言う問いに対し「せっかく将棋の神様がいるのなら、一局お手合わせをお願いしたい。」とコメントした。
・将棋の解説に出演した際は、なんと2歩を打って反則をしてしまった。
・将棋を考える際は符号で考えると言う事で、羽生さんと同じ考え方をしていた。
・とあるインタビューに答える際、詰将棋に関する質問が来たのだが、その時が長い撮影の中で1番の笑顔となっていた。
・インターネットオークションに出品された、王位戦7番勝負の封じ手が落札されたが、王位を奪取して2冠に輝いた第4局目の封じ手にはなんと驚きの1500万円という高値がついた。ちなみに初めて書いた第2局の封じ手は550万円だった。
 

まとめ感想

 

(んぅ〜〜♡♡♡ こんな感じでコメントに対しても、毎度、全方向に100点以上の解答出せる様な、100%集中してる態度が好感度高しですよね。)

 

という事で、

 藤井聡太さんの「凄さ」は如何でしたでしょうか!?もうどの項目見ても新記録だったりして、すでに生きる伝説となっていますよね。

 しかも、記録だけでなく、持っているエピソードも面白い。「考えすぎて頭が割れそう。」なんて体感した事無いですよね!?笑

 やはり、人間は純粋な一念となる事で、意識体自体の 真(神)の能力に達すると言う事なんですよね。

 本来は人類全てが藤井さんの様に、情報にアクセスできるハズなのですが、、。ただ、本当、鍵となるのは人生丸ごと好きな事に没頭する。大好きで大好きで仕方がない事だけをする。

 それだけなんですよね。

 そして最後に、よく比較される・初代漫画超え羽生さんのまとめも紹介して終わりたいと思います。

 興味のある方はこちらもどうぞ ➡️ https://arigatou88.com/habu/

 

 と言う事で、最後まで読んで頂きありがとうございます。 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました