波動とは?あなたの波動の現実への影響力とは!?

今回は

「波動とは?あなたの波動の現実への影響力とは!?」という事で

 

スピリチュアル界や

はたまた量子力学の世界でも科学的に認められている

「波動」について触れていきたいと思います

 

今回は主に

梵人マン的解釈になり

怪しいところもあるかもしれません!?(笑)が

 

できるだけ本質的であり、実生活に役立つ様に

解りやすく紹介をできたら良いな!(笑)

 

という感じで進んでみましょう!

 

波動とは!?

波動の事を理解するために

いくつかの事を知っておいて欲しいと思います

 

まず

物質(青い玉)が振動すると、量子(黄色い玉)を出します

その量子が物質性と波動性を持ちます

 

そして次に

さらに詳しく理解するために

人間の構成を分けて考えてみると

・「人間の体=物質のとしての振動」

・「人間に宿る意識体としての振動」

大きくはこの2つの要素から出ています

(細かい事いうと、人間社会全体の波動にも大きな影響力があり、それを受けたりもしていますが、、、)

 

これは丁度、

「懐中電灯」と「電池」から出される「光」

この関係の様な感じで

「体」と「意識」から「波動」が出されています

光が明るい=ポジティブであればあるほど

その意識体の住む世界もポジティブで明るい

となります

 

それでは次にそれぞれの要素を詳しく見ていきましょう!

 

物質の体としての振動

はじめにエネルギーについて

エネルギーは大別してポジティブかそうでないものかの2つになります

体は物質であり、その振動からできているので、

もちろん体からも波動が出ています

 

これは人により「氣」と言われたりもしますが

人体を包む氣は光の粒子フォトンであると言われます

 

で、また、ここでも

波動の出どころとなるその要素を2つに分けて

詳しく見ていきたいと思います

・体を構成する物質(食べ物・飲み物・空氣等)

・細胞に宿る意識が記憶するエネルギー(細胞に宿っている意識エネルギーが記憶するもの)

この2つに分けられます

 

体を構成する物質に関して

だいたい構成するものは上記の通り(食べ物・飲み物・空氣等)なのですが

氣をつけておくと良いものとして

・私たち日本人の食卓は、今や遺伝子組み換え食品だらけで、これらのものは自然そのものが持つ高波動のポジティブなエネルギーのものではなく、枯葉剤に耐性のある=枯葉剤と言う毒を含んだもの=食べ物の姿をした毒 に変わっています

・日本食は目に見えないけれども、良いエネルギーである「菌」を理解・利用した料理が多いのですが、それを台無しにするため、滅菌するために、水には塩素を入れる事が義務化されています

・空氣に関しても、目に見えないのを良い事に、体に害のある高周波数である5Gだったり、調べるだけで嫌な氣持ちになるケムトレイル、公害、などがあり、かと言ってマスクしっぱなしは脳に運ばれる酸素量が低下し機能低下を引き起こすので、本当に今の時代というのは「人間の波動低下を目的としている」と確信できるほどに、家の外も中も波動がポジティブではないです

・水の他に氣をつけておくと良いものとしては「塩」があります。塩は食卓塩の様な化学由来のものは血管を詰まらせるので必ず控える様にし、できるだけ、自然塩を取りたいところになります。人体は電氣で動いていると言っても過言ではないので、その潤滑油となる塩に関しては氣を配っておいて損はありません

 

細胞に宿る意識が記憶するエネルギーに関して

エネルギーは大別してポジティブかそうでないものかの2つになりますが、細胞に宿る意識エネルギーと言うものがあり、また、それが持つエネルギーの質があります

例えば、

例1

・失恋や人間関係の苦しみなどは、心臓を中心とした臓器。心臓と心臓周辺とで生命活動と連動しております。ここには多くの意識エネルギーが宿り、記憶を持っているので、過去の記憶を思い起こしては感情として味わう事が簡単です

(できるだけポジティブでありたいものです)

例2

・単に体の部位、例えばスネを良くブツける人で、当てすぎてその痛みを識化したなら、もう当たる前から氣を配るほどに、当たるのが怖いと意識(ネガティブなエネルギー)を働かせてしまいます

例3

・過去において、お父さんに褒めてもらう時に、頭を撫でてもらう事が多かった人なら、自分の興味のない他人に頭を撫でてもらった時ですら、頭に宿る意識エネルギーがポジティブなものである事が多いので、良い氣持ちになりやすい。と言う事になります

こういった感じで

人間にある37兆個とも60兆個とも言われる細胞の一つ一つに宿っているのが意識エネルギーであり、物質の細胞と連動した意識エネルギーが働いています

これら物質の細胞は1日に一兆個とも言われる数が生まれ変わっているそうです

そして、

意識体本体に強く刻まれ識化されたエネルギーの流れは、「今焦点を変える」と言った感じで、自分の意識一つで味わうことも、止めることもできるので、意識エネルギー体は本当に便利な不確実性を実現していると言えます

 

次に

物質ではない

意識体としての波動について

まず、こちらも2つに分けられます

・意識体としての振動値(無意識下における強い意識の働き)

・意識体の「◯◯である」とする力(今ココにおける想念力)

 

と言う事で

それぞれについて見ていきます

・意識体としての振動値(無意識下における強い意識の働き)

これは最近の言葉で言うところの、潜在意識と認識しても良いと思います

わたくし、梵人マンの言葉では、強く識化された「◯◯である」、信念、こう言った感じになり、意識体に識化された情報エネルギーの核の部分で、実際にその人の人生において強い現実創造をするエネルギー発生源の事になります

こう言った意識の働きは、表面的に想っている事よりもはるかに強い力で「◯◯である」としている事象を現実化します

これが「波動」として外界に放出され、その意識体が「◯◯である」としている事を創り出すように働いています

ここで、例えばなのですが

アメリカの超能力実験施設で実際に起きた事なのですが

その施設では、超能力実験が100%に近い確率で成功していた超能力者がいました

その現場に、超能力に対して肯定的な人を参加させてもそれはいつも通り成功していましたが、超能力に対して否定的な人がその現場に居た時に関しては、その超能力が現実化しなかった

という事があったそうです

この事から

人の持つ想念は外界に波動として放出され、そのエネルギーはその想念通りの現実を運ぶ様に働いている

という事が解ります

なので、これ=

人はそれぞれの信念に沿った小宇宙の中に生きている

とも言えます

 

・意識体の「◯◯である」とする力(今ココにおける想念力)

意識エネルギー体は、今ココの一瞬において、いくらでも「新しい想像」ができます

これは言い換えれば、自分に対して持つセルフイメージについても同じで、今一瞬にいくらでも再創造することができます

なので、今ココから変わっていけば良いです

今ココにおいて、ポジティブな感情であることを選び、そう言った想念で外界と接する事を開始したなら、その波動はやがて返ってきますし、やがてその波動の中で生きるのが普通になります

(小義=個人的な生き方において)

大義においては、1番の鍵として、椅子取りゲームの様な、エネルギーによるコントロール社会、不安によるコントロール社会から全体的に目覚める事ができたら、社会全体に流れるポジティブでないエネルギーの全体量は減り、より全体的にポジティブな想念を発する社会の中で生きていけます

なので、いくら小義的に自分だけが良い波動ループに入る事ができたとしても、社会(他の人)と接する事なしでは生活は成り立たないし、いつかしっぺ返しが来るという事が多いので、大元(政治や支配層)をポジティブな人たちに変えられたら、少しづつ社会全体でも良くなっていく事ができます

 

まとめ・感想

今回は「波動とは?あなたの波動の現実への影響力とは!?」

という事で

振動が 早い、高い

=氣持ちが 軽い、明るい等、「ポジティブ」

=波動が 高い

と言った感じで

なんとなくでも波動について理解してもらえたならこれ幸い!と思います

 

人はそれぞれが波動を出しており、見えないところで干渉しあっていますし、

下手をすると、自分に対して、実は自分より影響力を持っている存在などと言うものがあります

 

まあ、その辺は長くなるので

また、社会の波動と意識体の波動の関係みたいなものもやってみたいと思います

(暗くなりそうなのであまりオススメできませんですが(笑))

 

ッチュー感じで今回はこの辺で!

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました