波動の上げ方・強め方を意識エネルギー体の本質と能力からご紹介

今回は

「波動の上げ方・強め方を意識エネルギー体の本質と能力からご紹介」

 

という事で

どうすれば現状よりちょっとでも波動を上げられるのか!?

その方法を色々と考察していきたいと思います

 

また、その前に

今回の波動の上げ方に入る前に

波動について詳しく理解してから進んだ方がより良い効果が発揮されるのでは!?

と思いますので

 

宜しければ、前回の「波動とは?あなたの波動の現実への影響力とは!?

を参考にしてから進んで頂きたいと思います

 

それでは

前回のまとめから

氣持ちが 軽い、明るい等、「ポジティブ」

=振動が 早い、高い

=波動が 高い

逆にいうと

氣持ちが 重い、暗い等、「ポジティブではない」

=振動が 遅い、低い

=波動が 低い

と言う事でしたので、これを踏まえた上で

波動高く生きられる様に意識しておくと良い事について紹介していきたいと思います

 

氣持ち・感情

「波動の上げ方」に入るその前に、どうしても氣をつけておきたい事として

やはり、人間として、その本質の意識エネルギー体としても

 

「氣持ち・感情」こそが

・「今」のエネルギーの種類を一瞬で変えられる一番の大元になります

そして

・エネルギーは大別してポジティブか!?そうでないか!?

と言う事を踏まえた上で進んでいきましょう!

 

なにせこれは一番重要な要素になるので

氣持ち・感情がどうなっているのか!?

自分の氣持ち・感情の状態を常に観る事

を氣にかけたいところになります

 

この実践は

今ココで何かをしながら、氣持ち・感情のあり方にも意識を割くという行為になるので、意識を二つ以上に分けている状態になります。

これは本当に「言うは易く成すは難し」なものになりますが、日常においてポジティブでいられなくする人と接する際は、できるだけこの元栓とも言える氣分に注意を払って、今の氣持ち・感情がポジティブなのかどうか!?「常に客観視」しておきたいところになります

 

氣持ち・感情の上げ方

これは、人によりそれぞれなものになるかと思います

自分の「喜び」が何なのか!?

ちゃんとこれを知って

その中に生きられる事が重要な鍵になります

 

良くスピリチュアルの波動関係のものを見ていると

波動の低い人と一緒にいるとエネルギーを奪われると言われており、「接さない様に」とか、「構わない様に」などと言って、「遠ざかる事を推奨」しています

しかし

「できるだけ接さない様にする」とは、思い描いた際や、相手に接する際に苦手としていたり・ネガティブに捉えていたりするものです

これは、こう言った想い(想念)を抱くと、その瞬間に、自分の中の波動・エネルギーも、ポジティブではないものになってしまっています

なので

そうならない為にも、自分が波動が良く無いと思う人様へ抱く想いを

常に新鮮かつ中庸である事・そしてできればポジティブである事

を氣にかけ

絶対に「人様をジャッジしない事」が肝心となります

(とか言って、、 難しいですよね・・・・、。)

そしてさらに同じ理由で

これにプラスして

ポジティブとかそうでないとか!?

この2限性の意識にとらわれない事

カテゴライズをしない事も実はとても大事です

(※これまでにさんざんポジティブである様に!と言ってきましたが、、(笑))

 

波動の上げ方

違う言葉で言うと

「氣分の良い状態を意図的に多く作り出そう!」

と言うことになります

 

それでは実際に波動を上げるやり方に行ってみましょう

意識体の能力を使った最も簡単な方法

「◯◯である」とする事

=「私は高波動の人である」とする事

これは、意識体の能力の観点から言うと、最高にシンプルな方法ですね

ただ究極的にシンプル過ぎて、子供の様な無垢さや無邪氣さを失った大人には、とっても難しいものであるのもまた確かです

なので

私の様に「社会の荒波に揉まれちょっとだけ汚れてしまったかも!?」(笑)

と思っている方には

「私はいつも絶好調である!」「上機嫌である」

これを唱えるだけでも構いませんし、想念としてちょっとづつ「想う」だけで構いませんので、ちょっとづつ開始しましょう!

 

では

次に

優しいステップを紹介していきます

笑顔である事

「逆現実置換方」として、物質の体をつかって

「常に笑顔であること」を実践して欲しいと思います

 

イキナリ難しいよーと言う方には、最高に笑った時のことを思い出して欲しいと思います

そして味わっては感情に浸ります

 

そうしたところで、笑顔を固定します

できれば、「私は常に笑顔である」

さらに「私の笑顔は人様を明るくするものである」としても良いと思います

 

笑顔の固定が難しい人は、なんとなくニコニコするだけでも構いません

これは無料ですし、心がけ一つのものになりますが効果は大きいです

 

その効果は

笑顔を作るという形から入ることで、これまでの人生において笑顔になってきた時の感情の流れ(楽しい・嬉しい・幸せ等のポジティブな感情)が得られやすいと言うことがあります

また、あなたの笑顔に宿る意識エネルギーの働きにより、他の意識体の意識エネルギーにも働きかけが起こり、全体的にポジティブ活性し、現実にもそのエネルギーの性質が置換されます

これは本当に良い仕事をしていると言えます

 

嘘でも笑顔。

楽しくなくても笑顔。

そんな人の周りはやがて、本当に笑顔の人ばかりになり

高波動の相互好循環になります

 

良い想念体である事

「水は答えを知っている」でおなじみ、且つ、波動研究の第一人者でもある江本勝先生の研究では、「愛と感謝」の波動が、波動の中でも最高の力を持ち、美しい結晶を結んだ。

という事ですので

それならば!?

「愛と感謝」の氣持ち・感情でいられる様に、できるだけ心がけよう!

という事になります

しかし

「そうは言ってもなあ!?やり方がイマイチ解りらんなあ!」という方には

・言葉を先に言うことで、現実が導かれる

という事になっているので、是非、言葉での誘導を積極的にして欲しいと思います

言葉での誘導は詳しくはコチラに記事にしてあります

 

そしてまた

祈りだったり、他者へのポジティブな願いだったりという行為にも

これらは良い想念を先に自分に宿らせては、意識エネルギー体としての自分をポジティブに変えているので、こう言った事への取り組みを増やしていくと、次第に良い波動を出す人になっていきます

この祈りに関しても前に記事にしておりますので

詳しくはコチラをご参照下さい

 

自分の感情に素直に生きる

私たちはできるだけ

「自分の心に素直に生き、そして決して無理をせずに生きる事を心がけたい」ところです

 

これは

意識エネルギー体としての、自分の本質、その「」「元」からの、真っ「」ぐなエネルギーほど、外界において力を発揮すると言う事を現しています

 

例えば、誰にでも経験があると思うのですが

一見まかり通っちゃいけない事・通したくない事に見えても、その人が本当に素直にその氣持ちを人にブツけていたら、許されるし、認められる。結局愛される。と言う事を誰もが見てきていると思います

なので、自分の素直な氣持ちで言動することは、その人の最高のエネルギー状態であるとも言えます

ある意識体が心底「◯◯である」としているからこそ、それが他の意識体にも「◯◯である」とされていく事になる

そう言った感じで、物事の流れを強く、自分の「◯◯である」に変えられるので、できるだけ素直に生きていきたいと言う事になります

 

他の意識体と触れ合う

意識エネルギー体を構成する要素の

「魂と呼ばれているエネルギー」は、他人から飛ばされる想念エネルギーだったり、他の意識体との関わりで作られたエネルギーの部分を示します(漢字の感じから「魂」

自分が、よりポジティブでいられる様な、よりポジティブな影響を与えてもらえる様な人との交流をこころがけて、楽しく喜びの中に過ごしましょう!!!

動物

できれば、愛するペットや、癒しを与えてもらえる動物と、時間を忘れて一緒に遊んだりしたいところになります

(笑)リラックスをする(笑)

何故リラックスを勧めるのか!?というと

緩んでいる方が、エネルギーはスムーズに伝達されます。この氣持ち良さの違いの分だけより高振動であり、高振動は高波動を生んでいます

氣の持ちがが良い♪♫(バッテリー長持ち!)

氣持ちが良い

自然のあるところへ行く

ある程度「意識体の能力」について理解をされている方で、ある程度「陽の氣を理解して・感じられる人」ならば、普通に自然のある場所に行けばそこはもうどこでもパワースポットに変えられる。と言う事もあります

これは「自然は同じ意識エネルギー体である」と言う事と、「自然はポジティブな存在である」と言う事への理解と、自分の意識エネルギー体としての能力「◯◯である」を利用し、「ここでみんなにエネルギーを分けてもらう」とする事です

具体的には、やはり

伸びをして深呼吸する事

それと共に、入ってくる空氣には「自然のポジティブなエネルギーが入っている」(できれば感謝と共に)とする事です。

また、さらに想像の力を使って「入ってくる空氣には浄化の作用がある」としたり「淀んだエネルギーの流れを直し活性化するものである」としたり、あらゆる自分のポジティブな「◯◯である」に呼応してもらえます

 

植物や土と触れ合う

植物も同じ意識体の宿るものであり、その存在はポジティブにただ「◯◯である」という存在なので、生き生きとした美しい緑にただただ癒されるのも良いですし、また、ポジティブな言葉を投げかけると実は植物は喜んでいるので、こう言った感じで相互ポジな状態になっても良いですし、また、水やりや肥料やりを通して献身的な態度を取ることが、実は自分の氣持ちをポジ化させています

また、浄化作用のある植物と言うことで何故かNASAから発表されている植物などもあります

一応その発表によると

・サンスベリア、スパティフィラム、ドラセナ、アレカヤシ、アロエビラ、ディフェンバキア、ポトス、アロマティカスの順に浄化作用がある

と言うことなので、お好きなものを身の回りに置いておくのも、波動を高める良い暮らしに繋がるかもしれません

 

火遊びをする

火には知性が宿っており、火を扱うと言う行為は、実は自然界の意識エネルギーとの交信であり、恩恵享受そのものになっています

・火をじっと見ているだけの行為にも、時に瞑想同様、脳内化学物質が作られるほど実際の体に効果があります

・また、人は温まる事で緩む事ができるので、どんどん緩んで最高にリラックスした状態に持っていく事で波動上げにもなっています

 

水遊びをする(できれば汚染されていない自然の場所で)

人間は皮膚や毛穴で外界とのエネルギー交換を常に行なっています

水遊びにおいては、プールなどの塩素を多く含む様なところは逆に毒になる事が多いのでオススメはできません。なので、汚染されていない川や、綺麗な海でしたら、これは本当に良いと思います

・川は川で自然そのものの水の振動値・波動値は非常に高く、ポジティブなエネルギーそのものです

・海の場合は、自然塩が人体に染み込むので、電氣で動く人体の調子はより活性化されますし、自然塩の浄化作用によりエネルギー的にもポジ化されます

 

掃除をする

自分自身もそうですが、他の目に見えない意識体にとっても、「汚い!」と思う、その想念を飛ばした瞬間に、そのエネルギーが自身に宿りますので、自分が氣にならない程度、それより綺麗である事をできるだけ心がけたいところになります

例えば、見るたびに綺麗なトイレであれば、トイレに行くたびに氣分は上がります

こんな感じで、多くの意識体が、マイナスな想念を飛ばす様な場所、公衆トイレや用水路等、人が嫌な思いを抱くところを掃除すればするほど、自身が良い振動になっていき、その結果、良い波動体になるので是非、陰徳を積む様なグッドカルマを積んでいきたいところになります

 

パワースポット

・多くの自然が残っているところには、植物に宿る意識エネルギー体などが、意識体本来のポジティブな振動をしているところが多いので、波動エネルギーも良いものが充満していたりします

・地球のパワースポットと言われるところも、多くのポジティブエネルギーが溢れ出していたりします(有名なパワスポと言われていても、ご自身に合う合わないもあるので、自分の氣分が上がる場所を選びましょう)

・人の想念の観点から言えば、お祭りや観光地などは、喜びや楽しみと言ったポジティブエネルギーで溢れていたりするので、これもある種パワースポットと変わりないと言う見方もできます(局所的に、不安定なカップルやダダをこねる子供が出す想念の類の波動もありますが、、(笑))

巨木が群生していたりする大自然や手付かずの自然の中には、本当に精霊(実態の見えない光る青白い玉)の様なものまで現実化していて、目に見えた事もあります(これは、梵人マンの実体験になります。私の解釈では、自然の中の意識エネルギーが塊になって、潜象界のものが現象界のものになったものだったのかな!?と思います)

 

空氣

空氣は目に見えないので、実際に何を吸っているのか!?

実際に何を体内に取り込んでいるのか!?は、解りにくかったりします

しかし、日本人は、目に見えない働きに対して、深い理解をし、生活の至る所に見られる様に、文化的に有効活用して生きているので、街全体も綺麗である事が多く、目に見えない要素まで綺麗である事が多いかと思います

もしも、「淀んでいるな!?」と思う、空氣のエリアに足を踏み入れることになった際は、「綺麗な空氣になってくれてありがとう・良いエネルギーになってくれてありがとう」と、言い続けることで、意志力に応じた空氣のポジ化をしても良いかと思います

 

日光浴・月光浴・星空鑑賞

太陽は字のまんま、陽の氣です

つまり日光は強力なポジティブエネルギーであるので、この光に当たる事で、人体のエネルギーをポジティブなものに活性化できます

毎日、生身の背中に三十分の日光浴は医者要らずと言われるほどに、強力な力を持っているので是非活用したいところです

 

月光浴は、陰陽で言うと、強い陽の氣の感じはしませんが、かと言ってネガティブな感じのエネルギーでもありません

ただただ、太陽光の強烈な反射光になるので、多少薄まった陽の氣であるかと思います

 

月光浴をして氣分を害すという方はほぼ居ないと思うので、氣分が上がる限り、月光浴をすると良いと思います

そして、月光の強い時はあまり見えませんが、星空に関しても、良い氣分を得られる限り鑑賞を楽しむと良いと思います

 

代表的なものとして

クリスタルには浄化作用が強くあると言われていたり、古代文明では情報を宿すコンピュータ代わりに使われていたと言われるくらいの代物になります(実際にスーパーマンでは使われていましたね!?笑)

石は本当に多くの種類があり、それぞれに宿るものが違います

所有して身の回りに置いておくのなら、石に宿るものとの相性があると思うので、ご自身で実際に感じて「合うなあ!」「これ良いなあ」と思える石を選ばれると良いかと思います

また、所有の際は「宿るもの」を知っている人の解説を聞いてからでも良いと思います

そして、所有した後は、ご自身の意識エネルギーと呼応する存在になるので、ぞんざいな扱いなどをせず、時に浄化をしたり、綺麗にしたり、氣を配りたいものになります

 

楽器・音楽

音楽に関してはオーケストラ、特にモーツァルトは波動が高いなどと言われますし、教会の賛美歌や、エンヤ等に代表される様なケルト民族音楽等、今の自分にとってどこか崇高な感じがするものを選ぶと丁度良いものになります

またソルフェジオミュージックなどの、特定の周波数体に特化してその効果を得ようというものもあるので、その中でも自分が聴いてリラックスできたり、ちょっとでも崇高な感じに高ぶる事のできる音楽を選ぶと良いです

楽器に関しても同様に、あたりの波動を落ち着けて浄化する、チベタンのシンギングボールや、チャンティングシンバル、また、自然の奏でる音で美しいと感じるもの、それを利用している風鈴や風の音等、

自分の感じるものを大切にして判断をしたいところになります

 

小物

・線香

・お氣に入りの食器・家具・道具

・車

身の回りにあるものを、自分の氣分が上がるという基準で選ぶ事は良いことになり、喜びや楽しみの感情になる=振動値が上がる=波動が上がる。となります

 

食べ物について

だいたい構成するものは上記の通り(食べ物・飲み物・空氣等)なのですが

氣をつけておくと良いものとして

・私たち日本人の食卓は、今や遺伝子組み換え食品だらけで、これらのものは自然そのものが持つ高波動のポジティブなエネルギーのものではなく、枯葉剤に耐性のある=枯葉剤と言う毒を含んだもの=食べ物の姿をした毒 に変わっています

・肉類は特に、海外の大型生産地では、運動もさせず石油生飼料を食べさせられ、「生の喜び」を感じる事もない生命のものになっています。仏陀は動物の屍肉の波動値の低さを知り、弟子に食べない様に諭していたそうです

・日本食は目に見えないけれども、良いエネルギーである「菌」を理解・利用した料理が多いのですが、それを台無しにするため、滅菌するために、水には塩素を入れる事が義務化されています

・空氣に関しても、目に見えないのを良い事に、体に害のある高周波数である5Gだったり、調べるだけで嫌な氣持ちになるケムトレイル、公害、などがあり、かと言ってマスクしっぱなしは脳に運ばれる酸素量が低下し機能低下を引き起こすので、本当に今の時代というのは「人間の波動低下を目的としている」と確信できるほどに、家の外も中も波動がポジティブではないです

・水の他に氣をつけておくと良いものとしては「塩」があります。塩は食卓塩の様な化学由来のものは血管を詰まらせるので必ず控える様にし、できるだけ、自然塩を取りたいところになります。人体は電氣で動いていると言っても過言ではないので、その潤滑油となる塩に関しては氣を配っておいて損はありません

これらの注意点を踏まえた生活を送った上で、波動の上がる食べ物について

これもやはり、自分の好きなものを食べるという事は氣分を上げているので、波動も上がっています

ですが、その後の無意識下の体内においてのエネルギー的な良し悪しの関係もあるので、むやみに汚染されたものを食べない様に心がけたいところになります

 

波動の良い食べ物

・愛のある人が、良い想念を投げかけながら育てた穀物

・良い音楽を聞かせて育てた穀物

・自分自身が大切に育てる穀物

・自然の菌を利用しているもの

・遺伝子組み換えのものでない

・ラウンドアップ等の枯葉剤の使用をしていないもの

・化学肥料を使用しないもの

 

意識エネルギー体の「波動の強め方」

意識エネルギー体の観点から見ても

「波動を上げる」という意味の中には「波動の強め方」の意味も含まれているので

次に、これについて触れていきたいと思います

 

まず、

「波動の強さ」の中には「量」と言うものがあります

意識エネルギー体には、使えるエネルギーの量があるんですね

 

外界に放出される意識エネルギーの量に比例して、その性質のものが現れてくるので

これを波動の強さと言い換えても問題ないと考えます

「意識エネルギー体の実在性の強さ」

=「人の存在の大きさ」

=「扱えるエネルギー量の多さ・大きさ」とも言えるもので、

 

「使える波動の量」=『波動の強さ』と言ったものの事になります

ここでは、ただ「波動が高いと良い」という事だけではなく

その意識体が使えるエネルギーの量が大きければ

還ってくるエネルギーの量も増えるので、この方法について触れていきます

 

背筋をピンと伸ばして深呼吸をする

人体は、背骨を中心としたエネルギーの流れを持ちます

なので、背筋をピンと伸ばして深呼吸をすること

外界のエネルギーを出来るだけ多く肺に取り込む事ができ、

そのエネルギーを体の隅々までより良く運ぶことができます

こうする事で、体と意識エネルギーの活性化が起こり、強く現世に存在している状態になります

 

運動をする

人体のエネルギー全体の活性化の為に、運動は欠かせません

運動する事で、リズミカルな呼吸が始まり、その結果、血流に乗った新鮮な空氣エネルギーが体の隅々まで届きます

運動をした後すぐは疲れてしまい、意識エネルギー体として本当に波動が上がったとは思えないかもしれませんが、疲れの後に起こる無意識下での超回復は、その後の自分の使えるエネルギー量を増やします。

 

大きな声で話す

「ママぁー!!! 

 夜はバーモンコカレーでお願いしまぁーす!」

「言葉・言霊について」のところでも、意識エネルギーの宿らせ方について触れたのですが、要は波動の上げ方と一緒の要素も含んでいるので、併せてお読み頂けたら、また何かがヒントになるかな!?と思います

 

それでは

ここで言うところの「大きな声で話す」とは、自分=意識エネルギー体として大きなエネルギー体として実在すると言う意味になりますし、また「はじめに言葉ありき」と同様の意味を持つものになります

シンプルに理解したいのですが

「先に大きな声で話すこと(振動を起こす事)で

 それに見合う存在にすでに成っています」

という事なんですね

 

「大きな声で話す」とは、多くの意味で自信も必要な事となり、

「自信を持っている」とは、「ポジティブである事」にも、すでに成っています

 

なので、

これを波動エネルギーの大きさの観点から観ても

すでに、高い波動の自分に成っている

と言う事が言えます

 

自信という字の芯にあるものは、実は「信」だけではなく、音が震えるの「震」=「バイブレーション」も含んでいますし、他にも「心」「真」「清」「伸」等、多くの意味があります

以上の事からも、大きな振動=バイブレーションである「大きな声で話す事」は、波動を簡単に上げるものである事と言うのが、とてもわかり易く納得できるかと思います

 

まとめ・感想

実は他にも、「強制的な波動の上げ方」というのもあります

ここでは軽い紹介に止まりますが、「ありがとう」をひたすら唱えましょう! と言うのがまずはシンプルですが物凄く現実に大きな影響を持つ方法になります

他にもとても効果のある方法もあるのでおいおい紹介していきたいと思います

とりあえず、ひたすら「ありがとう!」を唱えて現実を変えて欲しいと思います。(笑)

 

という事で、今回の内容はいかがでしたでしょうか!?

「波動の上げ方・強め方を意識エネルギー体の本質と能力からご紹介」という事で、波動の良いものを具体的に上げても良いかな!?と思ったのですが、今回はパスしておきます

というのも、

例えば他のサイトではコーラが波動の上がるものとされていたりします

これは一概に言えた事ではないからです

そりゃ、コーラと言えば、その時どうしても飲みたくて飲んでスッキリ最高!みたいな感じになります。

ですが、その時はそうなったとしても、将来的に体を病ませてしまう様な成分の摂取に関しては、私は結果的に波動の低いものであると考えますので、オススメしてはいけないと考えます

ほぼ全てのコーラは、その100gのジュースの中の60g程の成分に枯葉剤をふんだんに使って、それに耐性のある遺伝子組み換えとうもろこしを糖化したものであったりします

その時の、「今・ココ」と共に、将来的にも波動値が上がるものを選んでいける様に、ご自身が本物になれば、そんなものは日常の至る所に発見できるので、氣づきやヒントになるブログにしたいと思っているので、今回はその様に書かせていただきました

エネルギーや、食、医療の観点からは、都市伝説で有名なお家(ロックフェラーなど)の歴史を調べてみると、直接的に私たちの生活に関わっている物が分かると思うので、興味のある方は調べてみて欲しいと思います

この場合、この勉強中は一時的に氣分が落ち、波動も下がる事になるかもしれませんが、将来的な長いスパンで物事を見ると、現実が何なのか!?「本物の情報」「自分を作っている本物の内容」がハッキリ見えてきますし、何より、生活におけるあらゆる側面において、知識が身を助けます

こういった事の積み重ねが、本当に波動高くある事に繋がりますので、やはり、知識は身を助くと言う事になっていると言えます

 

っちゅー感じで

今回も長々とお付き合いいただき

 

そして

最後までお読みいただき

ありがとうございます!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました